M-1グランプリのいわゆる「侮辱発言」騒動について

歴代最年少のM1王者になった霜降り明星

M-1グランプリ2018を制して14代目王者になったのは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属で結成5年目の霜降り明星です。
ボケ担当のせいやは26歳で、ツッコミ担当の粗品は25歳です。歴代最年少の王者となりました。

将来性のある若手のコンビが優勝したことで話題になった今大会ですが、話題になったのは霜降り明星の優勝だけではありません。
M-1グランプリのいわゆる侮辱発言騒動も大きな話題となりました。

この騒動の登場人物は、今大会の審査員を務めた上沼恵美子さん、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビでM-グランプリ2017王者のとろサーモンのボケ担当の久保田かずのぶさん、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビで今大会のファイナリストのスーパーマラドーナのツッコミ担当の武智さんの3人です。

侮辱発言騒動の発端について

侮辱発言をしたのは久保田さんと武智さんで、侮辱発言をされたのが上沼さんです。
侮辱発言騒動の発端になったのはM-1グランプリ終了後の芸人同士の打ち上げで、打ち上げの席で酔っぱらった久保田さんが審査員の上沼さんに対して審査の仕方を批判する発言を武智さんが自分のアカウントのインスタライブで配信していたことで、大きな騒ぎとなりました。

このインスタライブ配信後にはツイッターなどでも配信された動画があっという間に拡散されて大きな騒動に発展したという経緯です。
せっかく若手の霜降り明星が優勝して良い雰囲気だったのに、久保田さんと武智さんの上沼さん批判のせいで後味が悪いものとなってしまいました。

そろそろ審査をするのをやめて欲しい、自分の感情だけで審査しないで欲しい、1点で人の一生が変わるなどの発言があり、酔っぱらって口汚く罵倒している久保田さんをスマートフォンで撮影してインスタライブに配信している武智さんも同調しているという構図です。

上沼恵美子さんを更年期障害弱ばり?

武智さんは上沼さんに対して更年期障害であるという発言もしており、二人ともとにかくガラの悪い雰囲気で目も当てられません。
二人とも上沼さんと名指ししているわけではありませんが、右側や右のオバハンという言葉から上沼さんへの批判であるということが容易にわかります。

上沼さんが審査員席のいちばん右側に座っていたからです。
この打ち上げの席には久保田さんや武智さん以外にも何人か芸人がいました。

今大会で準優勝している和牛のボケ担当の水田さんや今大会で5位になったかまいたちのツッコミ担当の濱家さんや今大会で8位になったギャロップのボケ担当の林さんなども武智さんのインスタライブの配信に映っていましたが、そのライブ配信において口汚い批判をしていたのは久保田さんと武智さんだけです。

この侮辱発言は誰も得をしないマイナスだらけの最悪な騒動に・・・・

武智さんのコンビのスーパーマラドーナは今年がラストイヤーで来年からはM-1グランプリへの出場資格がなくなり、久保田さんのコンビのとろサーモンも優勝した2017年がラストイヤーで既に出場資格がありませんが、和牛やかまいたちはまだ出場資格があり来年も挑戦する立場のコンビなのでイメージが悪くなってしまい悪影響が及ぶのではないかという懸念もあります。

この侮辱発言は誰も得をしないマイナスだらけの最悪な騒動となりました。
この侮辱発言がきっかけとなったかどうかは定かではありませんが、上沼さんは審査員を引退するという宣言をしています。

久保田さんと武智さんは謝罪をしていますが、二人に対する悪いイメージや後味の悪さは払拭することは出来ません。
二人の失態に対して同じよしもとクリエイティブ・エージェンシーの先輩芸人で今大会の審査員も務めたダウンタウンの松本人志さんやMCを務めた今田耕司さんも苦言を呈しています。

この侮辱発言騒動がきっかけとなりM-1グランプリそのものが悪い方向に向かわないことを願うばかりです。